症状を軽減化|【病魔に怯まず立ち向かおう】大腸がんなどを治す手立て

副作用の症状を上手く軽減する方法

抗がん剤の治療で気になるのが副作用。近年では、医学の進歩によって症状を軽減させる療法が確率されています。体にかかる負担を軽減して、ストレスを少なめにがん治療に専念するにはどのような療法に頼ればいいのでしょうか。

症状を軽減化

看護師

症状の記録付け

抗がん剤の副作用は、メディカル系の情報サイトで多く見られる症状をメインに紹介されていますが、必ずそれらの症状が現れるとは限りません。症状を軽減させるためには、自身の傾向を把握することが重要です。日記で投与された薬剤のことは勿論、どんな症状が現れたのか細かな特徴をメモしておくと後々どんな対策を取ればいいか見えてきます。

免疫療法と併用

元気だった頃の免疫細胞を強化し、がん細胞へ攻撃を加えられるのが免疫療法のメリット。抗がん剤とは違ったアプローチ方法を取るのが特徴で、投与タイミングを間違えなければお互いの治療効果を相殺しません。休まず、がん細胞に攻撃を加え続けられ、抗がん剤の投与量も減らせるため副作用の症状軽減につながります。

自然生薬の恵みで体を癒す

漢方薬を用いれば、治療で受けたダメージを修復してくれます。東洋の伝統医学の理論は、病を体全体で捉えること。病巣へ集中的に作用する抗がん剤の特徴を上手くカバーしてくれるので、副作用症状を軽減させやすいです。

健康食材を食べる

フコイダンやβグルカンなどの健康食材は、投薬により弱った免疫力を回復させるのとがん細胞の働きを抑える力も秘めています。ただし、一部食材は医学的な根拠がまだ確認されていないので、利用する場合は、医師と相談しながら適切なものを選びましょう。

広告募集中